(1)ダイカスト金型法の特徴
 ダイカスト法は、金型鋳造法の1つで、金属製の鋳型に溶湯(アルミ)を高温・高圧力によって流し込み、極めて鋳肌のよい鋳物を、短時間で大量に作る方法である。
 ダイカスト法は、他の砂型鋳造や金型鋳造法に比べ、次のような特徴がある。
 @ 寸法精度や鋳肌が非常に優れている。
 A 製品の肉厚(壁厚)を1〜3mm程度まで薄くでき、コーナーRの小さい形状や複雑な形状の製品を製作でき、軽量化が図れる。
 B 製品の強度が高いので、設計の自由度が保たれる。

(2)ダイカスト鋳造の流れ

 ダイカストの鋳造工程は右図のように、
 @ 離形材射出
 @ 型締め
 A 給湯
 B 圧入
 D 型開き
 E 押出し
 F 製品の取出し
 といった一連の鋳造サイクルからなっている。